有効成分:ルテイン

有効成分:ルテイン

目の疲れ

ルテインはカロテノイドの一種であり、人間に限らずあらゆる動物・植物にとって必須の成分です。
マリーゴールドをはじめ、ブロッコリーやかぼちゃ、ほうれん草などに多く含まれていて、体内で生成されない成分であるため外部からの摂取が薦められます。

 

効果

ルテインは目の黄斑部をはじめ、大腸や皮膚、乳房などに存在していますが、年齢とともに減少していきます。他にもストレスや喫煙、飲酒などの生活習慣が原因で、より一層ルテインの量は減っていきます。
ルテインは抗酸化作用に優れていて、活性酸素からくるトラブルの解決に効果的です。
たとえば、「黄斑変性症」という加齢とともに視力が低下する病気は活性酸素の影響からくるもので、ルテインには発症リスクの低減効果が認められています。
同じく目のトラブルである白内障予防にも効果的な成分です。
ルテインを継続的に摂取すると余計な活性酸素が除去されるため、黄斑変性症や白内障などの眼病予防になります。
さらに抗炎症作用も持ち合わせているので、ブドウ膜炎といった眼病対策にもなります。
また、『ブルーライト』に対する働きも注目されています。

 

有効成分:ルテイン

 

たとえば、パソコンやスマホ、テレビなどのディスプレイからブルーライトが放たれます。そのブルーライトは目に刺激を与え、活性酸素を発生させる原因になります。
ブルーライトを長いこと受け続けていると目のピントが合いにくくなったり、疲れ目、肩こりや首こりの症状を招きます。
ルテインはこれらの活性酸素を除去しながら発生そのものを防ぐことができるため、ブルーライト対策としても注目されています。

 

ルテインの種類

ルテインは大きく分けて、2種類あります。

フリー体ルテイン
水晶体や網膜、肌、子宮などにあるものと同じ精製ルテインのことで、サプリでフリー体ルテインを接種したとき、直接体内に吸収されます。
ルテインエステル
フリー体ルテインに脂肪酸が結合したもので、マリーゴールドなどから抽出されるのが一般的です。消化酵素の働きを持って体内で吸収される仕組みになっています。
ルテインを含む食べ物

有効成分:ルテイン

ルテインは緑黄色野菜に多く含まれています。

「ブロッコリー、ほうれん草、ケール、葉レタス、グリーンピース、とうもろこし、緑豆、マリーゴールド」など。
サプリメントではマリーゴールド由来のものがよく使われています。
食事からもルテインが補えますが、十分な量をカバーするためにはサプリメントの力も必要になります。

ルテイン配合のオススメサプリメント情報

 

アスタキサンチン配合サプリメントとしても紹介した、【北の国から届いたブルーベリー】は、ルテイン配合サプリメントとしても一押しの商品です。
アントシアニンとルテインのダブルパワーに加え、βカロテンやメグスリノキエキスなど、目に良い成分が複合的に働き、強力に目の健康をサポートしてくれます。

目の疲れ

 

アントシアニンが豊富に含まれていて、その働きは摂取して約4時間であらわれ、効果はなんと約24時間も持続します。
この他に、えがおの【いきいきルテイン・アイ】や、ワダカルシウム製薬の【アスタキサンチン&ブルーベリー】などがルテインを配合しています。