疲れ目のケア:ホットパック

疲れ目のケア:ホットパック

疲れ目のケア:ホットパック

目が疲れたときにオススメのカンタンなケア方法、第一弾は「ホットパック」です。簡単に言うと、温熱作用によって目の疲れを回復させる方法です。

 

自宅に居ながら、疲れ目を和らげることができます。
用意するものは、「タオル」だけ。タオルを濡らして水気を絞ったあと、電子レンジで温めます。これだけで簡単に蒸しタオルができます。
温め過ぎると熱くなるので、注意してください。
適度な温度になったら、目をつぶって、その上に乗せるだけでパック完了です。
これを何度か繰り返すだけで、目の周りが温まり、血行が促進されて疲れが回復します。
また、リラックス作用もあるので、このときリラクゼーションに良い音楽やアロマも楽しむと、気分もリフレッシュできます。

 

目は疲れると白めの血管が浮き、その結果、目の充血につながります。
ホットパックを行って血行が良くなると、目の筋肉に酸素や栄養が運搬されやすくなり、正常な状態へと導くことができます。

 

パソコン仕事など、目を酷使する作業が長丁場になりそうなときには、小休憩中にホットパックをしてみてください。大体3分ほどのケアですので、短時間で完了します。
ホットパック後は目がすっきりし、作業効率もきっと上がります。

 

ただし、このケアは一時的な応急処置のようなものです。
持続性が高いわけではありませんし、根本的な解決にはなりません。
疲れ目を根本的に解消していくためにも、サプリメントを利用しながらケアすることをオススメします。