有効成分:アントシアニン

有効成分:アントシアニン

目の疲れ

アントシアニンは目に良い成分の代表格。
ブルーベリーやビルベリーなどベリー類に多く含まれる天然色素のことで、紫色を引き出す成分です。
植物が紫外線から身を守るために含んでいるもので、ポリフェノールの一種です。

 

古くからアントシアニンを含む植物は目の疲れ予防や解消に効果があると注目されていました。
また、天然色素としても活用されていて、食品の着色料に使われることもあります。
そして近年は優れた抗酸化作用が脚光を浴び、目の疲れ対策の他に、肝機能の改善効果など、さまざまな効果に期待できることがわあいになっています。

 

アントシアニン自体は500種類以上あるのですが、その中でも北欧産のビルベリーが含有するアントシアニンなどがとくに注目を集めています。

 

効果
目の疲れ対策や解消、視力の改善

有効成分:アントシアニン

目の網膜の色素で光が当たると信号発生させるロドプシンの再合成をサポートするのがアントシアニンのひとつの働きです。

ロドプシンによって光を受けて、目にものが見える仕組みになっています。

通常、ロドプシンは光の信号に変換されたときビタミンAに変わり、再びロドプシンに再合成される仕組みなのですが、目を酷使していると再合成がなかなか起きず、さらにロドプシン自体が減少します。
このような悪循環を打破するために有効な成分として、アントシアニンが注目されています。
アントシアニンの働きでロドプシンが再合成されることから、目の疲れ回復や解消、対策に、さらに視力の改善にも効果が期待されています。

抗酸化作用

有効成分:アントシアニン

アントシアニンはポリフェノールの一種で、それはそれは抗酸化作用に優れた成分です。

抗酸化成分というのは体内において、老化要素の活性酸素を除去する働きがあります。つまり簡単に言うと、アンチエイジングに役立ちます。

活性酸素は動脈硬化や脳卒中、ガンなどの病気リスクを高める要因でもあるため、抗酸化作用に優れたアントシアニンは病気対策においても注目されています。

抗炎症作用、抗潰瘍作用

有効成分:アントシアニン

アントシアニンは優れた抗炎症作用を持ち合わせていて、解熱鎮痛薬に使われるアスピリンよりも10倍も優れた力があると言われています。

しかも天然由来のため胃への負担も抑えられるなどメリットがあります。
さらに局部の血行促進によって潰瘍などの粘膜欠損を修復するなど、実に優れた働きがあります。

コラーゲン安定作用

有効成分:アントシアニン

皮膚に弾力性を与えるタンパク質のコラーゲンを安定させる働きもアントシアニンにあります。そのため、アントシアニンは健康効果にとどまらず、美容面でも注目されています。
即効性について
アントシアニンの働きは幅広く、さまざまな効果に期待できる注目成分です。

そして、疲れ目の回復効果などについては、摂取後約4時間後から始まると言われていて即効性にも期待できます。なおかつ持続性が高く、なんと約24時間は効果が持続するとされています。

 

アントシアニンを含む食べ物

紫色の天然色素ですので、紫色の食べ物にアントシアニンは多く含まれています。
「ビルベリー、ブルーベリー、カシス、アサイーベリー、ブドウ、プルーン、チェリー、ラズベリー、イチゴ、クランベリー、ハスカップ、なす、紫イモ、紫キャベツ、紫玉ねぎ、シソの葉、桑の実、黒豆」などがアントシアニンを含む主な食べ物です。
これらの食べ物を積極的に食生活に取り入れる他に、サプリメントを活用することで、より効率よくアントシアニンを補うことができます。

 

有効成分:アントシアニン

 

アントシアニン配合のオススメサプリメント情報

 

目に良いサプリメント、目の健康用サプリメントの多くがアントシアニンを配合しています。
どれも同じように見えるかもしれませんが、配合量などが全く異なります。
配合量や配合成分などで比較すると、圧倒的にオススメしたいサプリメントは、やわたの【北の国から届いたブルーベリー】というサプリメントです。

 

有効成分:アントシアニン

アントシアニンを豊富に含む北欧産のビルベリーを原材料に使用しているところがポイント。
通常のブルーベリーに比べておよそ約3倍以上ものアントシアニンを含んでいます。
アントシアニンを効率よく摂ることができ、その分、実感力も優れています。
さらに、ルテインやβカロテン、DHA、EPAなど、目に良いと言われる成分が合計8種類も配合されています。
アントシアニンをしっかり補えるだけでなく、サポート成分も充実しているサプリメントです。