その他の有効成分

その他の有効成分

目の疲れ

 

ここまで、アントシアニンやルテインなど目に良い成分の定番を紹介してきました。ここから、知っておきたいその他の成分をご紹介します。
サプリメント選びの際に、これから紹介する成分も使われていると、相乗効果に期待できます。

 

ビタミンA

その他の有効成分

ビタミンAは目の健康に関わりが深く、粘膜の機能を高めたり、ドライアイの症状を緩和するなどの河野王があります。
また、ビタミンAが不足したとき、夜盲症といって、いわゆる鳥目の症状が起こると言われているので、十分に摂りたいビタミンのひとつです。

ビタミンB群
ビタミンB1

その他の有効成分

水溶性ビタミンで「チアミン」という別名もあります。疲労回復によく、目の疲れ、脳神経の働きを正常に保つなどさまざまな効果があります。

ビタミンB1が不足すると、多発性神経症や食欲不振、疲労感などの症状を招きます。

主に「玄米、豚肉、レバー、カツオ、大豆、たまご、にんにく」などに含まれています。

ビタミンB2

その他の有効成分

別名「リボフラビン」とも言い、エネルギー代謝や新陳代謝を促進する働きがあるため、眼精疲労や結膜炎、目の充血などのあらゆる初往生に対応します。同時に肌荒れや髪のトラブル対策にもなります。

ビタミンB2は、「レバー、カレイ、ヨーグルト、牛乳」などに含まれています。

ビタミンB6

その他の有効成分

ビタミンB6はエネルギー代謝の過程で日腸な酵素をサポートする、いわゆる補酵素としての働きがあります。

皮膚の粘膜の兼好維持になったり、脳の神経伝達物質の合成を促すなどの効果があります。
別名「ピリドキシン」とも呼ばれていて、これが不足すると、代謝異常や結膜炎などの原因になります。
主に「サンマ、レバー、マグロ、かつお、大豆製品」などに含まれます。

ビタミンB12

その他の有効成分

ビタミンB12は赤血球の生成を促す働きがあり、造血ビタミンとしても知られています。

同じビタミンB群の葉酸と一緒に赤血球の生産に関わっていて、十分に補うことによい貧血などの症状対策になります。
ビタミンB12は、「カツオ、サンマ、のり、筋子、貝類、レバー」などに多く含まれています。

タウリン

その他の有効成分

タウリンには、光受容体の網膜の神経を抑制して、網膜を光の刺激から保護する役割があります。同時に、傷ついた角膜を修復するなどの優れた働きがあり、一般的な目薬にも使われています。
タウリン不足が疲れ目や目のかすみの症状を引き起こすことから、タウリンの補給が疲れ目対策になると言われています。
タウリンは、「いか、たこ、牡蠣」などの魚介類に多く含まれています。

DHA、EPA

その他の有効成分

DHAやEPAはオメガ3系脂肪酸、不飽和脂肪酸のことで、人間にとって必須脂肪酸です。
脳や神経系などい多く存在していて、とくにDHAは目の網膜の脂肪酸の40%をしめています。つまり、目の健康に欠かせない脂肪酸なので、これを摂取することは目の健康になります。
加齢ともに体内のDHA類は減ってしまうため、積極的に補うことがすうすめられます。
目のトラブルに限らず、血液サラサラ効果など健康効果もあります。
青魚に多く含まれていて、「イワシ、サバ、アジ、マグロ、カツオ、サンマ」などでDHAEPAを摂ることができます。